奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

日本一周バイクツアー 九州

  • 2009/08/19(水) 17:57:20

鹿児島から宮崎へ

8月16日

快晴。




桜島をぐるりんと回り込んで キラキラ光る海を眺めながら都井岬を目指す。
ふんわりした感じの穏やかな岬。野生馬が親子連れで草を食んでいる。
緑の岬、のどかだなぁ。。。



日南はもう日本というより南国、東南アジアのリゾートかハワイか?という感じ。道ばたにバナナがなりハイビスカスが咲いている。
海岸も美しい。澄んだ海、青く広い空。真っ白な雲。
正しい夏の日。

   


今回の日本バイクツアーで初めて泳ぎたいほど美しい海に出会ったので 恋ヶ浦で波と優しく戯れてみた。(写真左)
この近辺に永住するアイディアもありかな? 

宮崎の町に入る国道は驚く程整備され、道の広さや幅も日本離れしており、街路樹は見上げる程背の高いフェニックスが果てしなく続くとあって 迫力の美しさ。

大規模な都市計画だなぁ、と感心してキョロキョロしながら宮崎入り。スケール大きい。びっくりだわい。
鹿児島もい〜い感じの町であったが、ここ宮崎もなかなか良い。
長崎も気持ちのよいところであったし、九州は評価がかなり高めだぞ。
思いがけずに我々二人揃って九州に魅力を感じている。

鹿児島から宮崎まで260キロメートル


View Larger Map


宮崎には一泊して 翌日8月17日 大分へ向かった。

宮崎から大分まで250キロメートル


View Larger Map

そして、何と言っても今回の旅で一番感動したのが阿蘇であった。
何故大分から阿蘇?とお思いかな? 
それは、天気待ちと、往復のやまなみハイウェイを走るため。雨だったら行くのを止めたところだったが、幸運にも快晴。ありがたい。

御陰さまで 果てしない青空に阿蘇の緑が映えて美しく、景色に圧倒されっぱなし。
緑の山、緑の丘、緑の谷、緑の牧場、緑の草原、緑の畑、そりゃぁもう!ありとあらゆる緑色に埋め尽くされた圧倒的な景観なのである。
雄大という言葉はここにこそふさわしい。圧巻! 阿蘇。

     


帰り道、湯布院と別府をまわって大分市内へ戻る。
湯布院はもっと大きな町だと思っていたが 実際はこじんまりの温泉町だった。別府は町のいたるところから温泉の白い煙が吹き上げており、いかにも温泉地の景観。こちらは大規模温泉街。対照的であった。

大分から阿蘇一周277km


View Larger Map

やりイカの活き造りを頼んだはいいが、調理後も目の前でまだ動いているイカ君を生きながらにして本人の目の前で身体の部分をいただいてしまうという行為が なかなか苦手で困った。
どうも我々は活き造りに躊躇いがあるのだ。
成仏してくれたまえ。(イカは色がさ〜っと変わるね)
感謝しながら美味しく完食。刺身を楽しんだ残りの足や頭の部分は天ぷらにしてもらい、一匹で二度美味しかった。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み