奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

イタリア 其の四  リボルノ

  • 2009/05/30(土) 05:15:49

我々の一見無計画に見える旅も、実はざっくりとした旅程はある。
気に入ったら連泊し、ピンと来なかったら次へ行くというスタンスは変わらないが。

6月1日に予約してあるコルシカ島行きのフェリーに乗るためリボルノに来た。
フランス領コルシカ島へ行くのに何故イタリアから出るフェリーに乗るかというと、ちょいとお得だから。。(無論 それだけではないが。。。)

今回の旅程を決めるときに地図を広げて考えた。
オーストリアを中心に東欧を巡ってコルシカ島へ行くには これが最適コースだった。
当初、コルシカでの山岳マラソンレースに参加する予定を組んでいたのだが日程に無理があったので止めた。(止めて正解。。)

     

それにしても イタリアの物価が高くて参った、参った。観光地プライスはべらぼうだったなぁ。。。 サービス料やらカバーチャージやら。。。
ホテルの予約も不便だし。斡旋料も取る、昼休みを取り過ぎる、不親切きわまりない。。。 これがイタリアンということか? 陽気なんだけどね。。。 




今回の旅で素晴らしいと思ったのは オーストリアのツーリストインフォの手際の良さと親切さ。どこの町でも大変いい印象だった。コミッションも取らず 希望に限りなく近い宿を即座に探してくれる。面倒くさがらず即電話して空き状況を聞いてくれ、町の情報も沢山教えてくれた。
クロアチアはプライベートのツーリストサービスが何カ所もあって、それぞれが契約するアパートの斡旋をしていた。なので何カ所か回らねばならぬかもしれない。我々はラッキーにもタイミング良くいい宿が見つかったが。



さてリボルノ。

二泊もする暇な人は少ないらしく、「二泊する」と言ったら安宿の女主人が驚いた顔をした。駐車料も黙ってまけてくれた程だ。。。 この町は基本的にフェリーに乗る人が仕方なく一泊する程度なのかもしれない。



20キロ程離れた ピサへ行って来た。
ピサ、というと ピサの斜塔 しか考えられない。もちろん皆さんその為に来る。
雨だったが人出は多かった。
他に見所はないのである。皆 ここに来る。
来た以上は 2時間待ちでも、15ユーロでも、せっかく来たのだから行ってみよう! と 2時間待って登ってみた。。。

    





   別に太極拳のクラスではありません。

   ここでは 皆 一様にこのポーズ。。










   お土産だって 傾いてます。。。






結果は???  

     はっはっは! こんなに不思議で面白い思いは予想以上だったので15ユーロも惜しくなかった。

これは 登ってみないと解らない!

傾いた塔の螺旋階段を登ることが こんなに不思議で不可思議なものとは思いもせなんだ! これは 登ってみて初めてわかる感覚! 高いと思っても是非お登り下され! 15ユーロ! 高! もちろん高い。 でも 面白い体験だった。
船酔いにも似た 不思議な感覚である。 ちょいと恐怖も味わえる。
お試しあれあれ!!!





  という訳で 。。。

       押してみました。。。 

           ピサの斜塔。。。。。。


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み