奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

ずぶ濡れハイキング

  • 2012/05/15(火) 20:49:38

昨日に味をしめて また500円バイクをレンタル。

昨日は南方面だったので 本日は北側を攻める。

コースガイドや地図なんてもんはない。
高いツアー料を払ってガイド付きでトレッキングに行くのは性に合わん。標識なんてもんもないらしい。




ならば、と 自分達でコースに印をつけようとのことで、毛糸玉をひとつ購入。

歩いたコースの要所要所に毛糸を巻き付けて目印にしながら山道へ入って行った。

    写真左は ピンク色の毛糸を巻き付けている奴豚。






山道 というより 農道に近い。

両側は果てしなく畑。山の斜面を利用して 色々な野菜が植わっている。

連日の雨で 赤土のぬかるみ。
たびたび 石や枯れ枝をずるずる引きずっていき水没した道の上にかろうじて歩ける道を造って進む。




雲行きが怪しいと思っていたら 案の定 降られた。。。
通り雨じゃなく 本日は本降りだった。

それも どしゃぶりじゃないか。。。

近くの農家の軒下に駆け込んで「すみませ〜ん、雨宿りさせて下さい」

    椅子を借りて ランチタイム。




     
写真上左)この景色を見ながらランチ    写真上右)飼い犬のワン子(まだ子供)



農家の息子は雨でも仕事に出掛けて行った。

 昼が終わって 野良作業に出掛ける息子さん。



ご近所さん 皆さん一緒に裏山へと消えて行った。。。



約1時間ほど 雨宿りをさせてもらい 雨脚が弱まったところで帰路に。ピンクの毛糸を頼りにバイクまで戻る。
宿へ戻る間も雨に打たれて しっぽり濡れて凍えそうだった。


ダラットのトレッキング編は終了。

ダラットという街

  • 2012/05/15(火) 00:50:30

高原リゾート ダラットは ベトナム人のハネムーンのメッカらしい。
花が咲き乱れ ちょいとお洒落で 爽やか、フラワーガーデンや愛の盆地と名付けられた公園もある。
愛の盆地… 愛の盆地。。。

人造湖周囲を馬車に乗って回る事だって出来る。
立派な教会で式を挙げ そのまま馬車で、という洒落たご披露も可能。

まさに式のリハーサル時だった教会。



見所は それほどない。
フランス統治時代のパレスがホテルに改装されているので、中を見学したり、ベトナムで最も古い駅を見に行ったり(現在は観光列車のみ運行) (写真下)





ここは面白いなと思ったのは<クレイジーハウス>と呼ばれるホテル。


とは言え、実際泊まるひとは少ないと思われるが。。。


曲線を使ったおもちゃの城のようでもあり、お化け屋敷のようでもあり、ともかく奇抜なアイデア満載の建物(いや、ホテル)。

迷路のようにつながる歩道は地下から屋根から、各部屋からコーヒーショップから、土産物屋から、ずるずる上へ下へとつながっていて、メビウスの帯みたいだ。


オーナー兼建築家のベトナム女性の手による作品とも言える建築物。
部屋はサイズも形もデザインもどれも違い、各部屋にはテーマに沿った名前がついている。

この建物、どんどん伸びている。まだまだ完成する気配なく、上へ横へ増殖するアメーバのように広がっていっている。オーナー女史は この建物をライフワークとしていて、さらなるひらめきに誘われ 大きく伸びていくのだろうなぁ。なかなか面白い。

因みに宿泊料は一泊25ドルから。日がな一日見学者が出入りするから落ち着かないのと、部屋がカビ臭いので泊まるのはどうかな…





高原野菜やフルーツは豊富で新鮮。

でも何故か 貝類も特産らしいんだ。貝類、苦手なんだが、奴豚が食べたいというからお付き合い。
炭火焼やらスープやら。少々砂あり、だが思った以上に美味しくいただけた。

宿 移動

  • 2012/05/14(月) 21:44:22

14日朝、予定外の宿移動。

出産後で忙しいオーナー夫婦は宿の切り盛りを妹に任せたらしいのだが、どうもこの妹 守銭奴っぽい。みかけはフレンドリーなのだが金銭に関わるとシビア。

兄上(宿主)から聞いた事と食い違いが多くなってきた。

『 おかしいなぁ、話が違うんじゃない?』奴豚と顔を見合せ目配せ。
短気な奴豚はその足でさっさと他所の宿を見つけに行き 即座に引越しとあいなった。

今度の宿はさらにお安い、10ドル也。ネット速度も速く、ブログにもアクセス可能。大きな窓とベランダ付き。窓なしの部屋が多いベトナムにあってこれは嬉しい。( 窓なしはベトナムに限らずアジアでは比較的標準だが、窓なし部屋はどんなに安かろうと選択外である。)


浮いた5ドルでオートバイを一日レンタルして 本日はハイキングに行ったのであった。
    
写真左)湖畔でランチタイム    中央)500円レンタルバイク   右)バゲットサンドは美味だ


ベトナムの100円は日本のそれよりずーっと価値が高いのである。(けち臭いなぁ。。。)


    
     ハイキング中 象さんに出会う 
     お鼻はやっぱり長いのね〜

     



毎日午後1時に決まって通り雨が降っている。午前中は眩しいほどの綺麗な快晴で風が涼しく素晴らしい天気も、午後になると黒い雲に覆われザァーっと一気に降る。
お陰で涼しいのなんの。皆さん冬服だね。



ブログがあっちいったり戻ったりとせわしなくて申し訳ない。VPNを利用すれば解消されるのだが、iPadは無理なもんで。。。



Da lat ダラット

  • 2012/05/13(日) 21:20:55

だらっと  しに来たわけでは無い、ここは ダラットという町。
(寒いダジャレ…)

ニャチャンからバスで3時間半。山路をくねくね。道中大雨、土砂降りで土砂が轟々と流れる斜面をトラックとすれ違うたびヒヤヒヤしながら登ってきた。運転手は慣れたもんで速度を落とす素振りすらなかったが無事到着。車内では車酔いした子供達がゲーげ〜吐いてたが。。。


標高1500m。あぁ〜〜 涼しいぞ。


ここがベトナムとは信じ難い涼風が緑の木々を吹き渡り 恵みの雨で新鮮野菜やフルーツがたんと育ち、
ワイナリーまである(味はイマイチ)。




100年前にフランス政府が造った高原のリゾートである。
プチ エッフェル塔もどきまであり 街全体がフランス的でおしゃれだ。フランス人はこういった町のデザインや建築をさせたらピカイチだなぁ。

人造湖(どちらかというと大きめの人造池)の周りをジョギング。一周5キロ。

安宿も快適だ。家主は仏語英語ペラペラの若い夫婦。昨日第一子が誕生したばかりのほやほやのお父さんは忙しそうだがナイスガイである。
一泊15ドル、朝食は1ドル。新築でシャワーの出もよくネットもまぁまぁ。ネットの速度が遅いんだけど…と言いに行ったらルーターを部屋に持って来てくれた。

5泊の予定。夜も涼しく良く眠れそうだ。

出張

  • 2012/05/13(日) 14:55:11

現在地 ダラット

すんません、また アクセス不可。 VPNなしにはアクセス出来ないので、また あっちの番外編へ避難することにします。。。

番外編はこちら
             近日 更新予定

ニャチャン ビーチジョグ

  • 2012/05/12(土) 01:39:50

昨日も言ったが、10日は朝のうちに走りに出た……が、… 6時半を回るともうすでに暑いじゃないか。
ジモティーさん達は我々が走り出す頃には 運動や水浴びを終えて帰る支度だ。

すっかり高く昇ったお天道様はギランギラン照りつけて、遮るものが無いビーチウォークを走る牛美はすでに息絶え絶えじゃないか。。。
奴豚は砂の上を五本指シューズで走っていた。

途中でヤーメタと競歩に変更。やはり暑いのは苦手、辛いわい。バリマラソン出走しなくて良かったわぁ〜と今更ながら思った。


でもって 翌 11日
  今日はもっと早くスタートしてやろう! と 目覚ましを早めにセットしたはいいが、結局 走り出しは6時10分。
それでも 昨日より涼しいぞ。
なんせ 昨日48分かかった同じ距離が、今朝は35分だ。大きな違い。
ストレッチして海にザブン。あぁ〜極楽。

それでもやっぱりジモティーさん達は帰り支度だったから、よぅし!明朝は5時スタート目標だ。


ふと気がついた。一枚もニャチャンの写真を撮っていない。。。

ニャチャン ジョギング

  • 2012/05/10(木) 13:21:57

5月9日。ニャチャン到着は6時で、すでに気温高かった。
ベトナムもサマータイム導入したらいかが? (日本もそうだけど)

バス移動中に眠れなかったので宿にチェックインして仮眠。
眠れはせなんだが、身体は楽になった。


昼食に出かけ 腹一杯になったら眠気が襲って来たので 戻って昼寝。


夕方 海岸沿い遊歩道を走りに行った。
ジモティー(地元の人達)が そぞろ歩く歩道をジグザグによけながら、海岸の端から端へゆっくり走る。

この為に来たんだもの ニャチャン。6月末のミッドナイトサンフルマラソンの準備。


翌、5月10日。 今朝もジョギングに行ってきたが。。。
   7時では遅過ぎだ。。 暑くて走っていられん。
   5時頃 走らないと駄目だなぁ。。。

ニャチャンへのバス情報

  • 2012/05/09(水) 11:42:10

ニャチャンへのバス情報

ホイアンを19時に出発。
日本にはない寝台バスで11時間の長旅。シンカフェバス利用。

ガタイの大きな欧米人には超悪評のバス。我々のようなコンパクトサイズには何の問題もなかった。

二段ベッドがこんな風に並んでいる。

      

色んな方々のブログを読み研究して 上段の窓側を選択。結果正解。


避けたいベッドは最前列(足が伸ばせない)、トイレ上に設置の座席番号28は天井に頭がつかえるのでNG。最後部のベッドは家族連れには便利。

運転手二人が交代で運転。運転していない方が1時間毎にトイレ掃除していた。途中運転手が喫煙ブレイクを三回。

車内は土足厳禁。脱いだ靴は袋に入れてベッド下のコンパートメントに。
車内は快適温度に保たれ毛布も貸してくれる。ミネラルウォーター1本と紙おしぼりサービス。


ベッドは狭く、道路事情は悪くおかげで 揺れは激しく、眠れなかったが文句なし。
$15ドル 便利だ。

電車利用と比較すると:ホイアンには駅が無いのでバスで一旦ダナンへ出て電車乗換で10時間。$20
基本的に電車の旅が好きだが、寝台バスの経験も面白いね。


ホイアンからニャチャンへ

  • 2012/05/08(火) 14:28:29

通常、日本人のツアーならば3時間程度でさらっとまわって、さぁ次の町へ移動しますよー、という程度の位置づけのホイアンの街。

我々、三泊。




古いギャラリーをのぞく。築200年の木造二階建て家屋。
天井が高く、吹き抜けがあり、小さいながら居心地の良い中庭があり、暑い日でも涼しい風が吹き抜けていく。
時が止まったような気怠い午後。

中庭のどっしりした木のベンチにずーっとこのまま腰掛けていたい。。。


古い街で遥か昔のことを思い出していた午後。

          


さあお次はニャチャン。

夜行バス、うーむ。安全運転を願おう。







HOI AN

  • 2012/05/07(月) 02:29:24


              どこを撮っても絵になる街



         



        



     





        



            




          




前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み