奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

KL Marathon

  • 2013/09/29(日) 13:15:19

手製冷え冷えタオル活躍中

8月の札幌マラソン用にチャチャっと作ったタオルは以来 旅の荷物に加わった。

先日ワールドジョガー トニーの伴走をした際、午後の照りつける日差しに目眩を起こしたのだが、タオルに氷を入れて首の後ろを冷やしたら速攻で気分が良くなった。

ので、今回のマラソンにも持参してみた。
レース中盤、氷を見つけて さっそく利用。みるみる力が蘇ってきた。
暑さが苦手なランナーにはオススメである。




 、 SC KLマラソン (スタンダードチャーター・クアラルンプール マラソン)


眠れぬまま2時45分。コーヒー、バナナ、ドーナツの朝食後、隣のアパートの友人と待ち合わせて徒歩でスタートへ。

フル、ハーフ、駅伝、10キロ、5キロと総参加者数33000人。スタート時間をずらして、同時にフィニッシュする計画らしい。フィニッシュは混み合うのだ。

スタート地点では混雑で知り合いに会えないかと思ったら、あっさり全員と挨拶できた。

      

      




ウォームアップする時間もなく直ぐにスタート。

暗闇を足元に注意しながら走る。

ずーっと団子状態で引っ掛けられないよう注意が必要。




そのまま抜け出せずスローペースを維持しながら9キロ地点で1時間3分だったので マズイだろうと思い 少しペースをあげた。

      


塊から抜けたのは10キロを過ぎてから。
少しずつ身体が慣れてきた。
夜明け前は気温より湿度だな。


エリートランナーなら 夜明け前にレースを終えるので景色なんて関係ないだろうな。

鈍足の我々は、夜明け頃には街の中心を通過中。
ツインタワーやKLタワーを見、アパートの近くも通って行った。

コースはフラットかと思ったら 随所にローリングありだった。
極めつけは終盤の長い長い登り。



マラソン交通規制にかかわらず 常に渋滞のKLだが、今朝は大渋滞に怒ったドライバーのクラクションの大合唱を声援代わりにして、内心 <いい気味だ> と思いながら市内をぐるりっと回る。


沿道の応援の人からコーラをもらったり、水鉄砲で身体を冷やしてくれる子供達や、アイスキャンディーを配っている人達。

      






エアーサロンパスステーションが数箇所設けられていて、都度スプレーしてもらった。

シャワーブースが三箇所。




給水所は充分設置されていたが、水がぬるかったのが残念。鈍いから水が温まったと言われれば仕方ないが。
一箇所冷たい水を出してくれていて、その美味しさといったら、夏の日のビールの比ではなかったなぁ。
水分は大量に摂取したが 全て汗で流れてしまったようだ。レース中もレース後も尿意がなかった。

      


スポンジで身体を冷やすことに注意しながら、坂にめげることもなくキッチリ走り切った。



         今回の心の標語は 「甘えるな」 と 「Never quit」



美術館や蝶の公園のある植物園近くへ来ると車のクラクションから解放され静かで快適だった。

ラスト三キロ地点の最後の短い坂を越えたらあとはなだらかな下り。

      


甘えることなくしっかり走ったが、頑張り度合いが記録に反映されていないのが残念。

牛美 4時間44分。
奴豚 4時間35分。



ウルトラマラソンにシフトした友人はトレーニング代わりに楽に走って4時間33分。
彼女のBFは年齢別3位賞金獲得の堂々の2時間52分。



夏のマラソンに身体が順応してくれたのが嬉しい。

 弱音も吐かず、気持ちが萎えることも止まることなく、
  目眩もなく完走出来て、大会運営もしっかりしていたし、

    KLマラソンはとてもいい大会だった。


この記事に対するコメント

完走おめでとうございます。サブフォーに向けて一歩前進ですね。いまトロムソに向かっています。

  • 投稿者:tomyum
  • URL
  • 2013/10/07(月) 19:11:44
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み