奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

san pedro de atacama サンペドロ・デ・アタカマ

  • 2013/01/23(水) 22:52:08

アタカマ砂漠へ


1月22日 カルデラ 22時20分 発 の バスに乗った。

サンペドロ デ アタカマ、日本人には通称 ”アタカマ” 、 その名の通り アタカマ砂漠のど真ん中の町へ向かうのである。

所要時間9時間の夜行バス。満席だった。
我々は カマエクゼクティブ(やや寝台)席で ゆったり休む事が出来た。
(やや寝台)と書いたのは、セミカマ席の通常のリクライニングと比べると150度リクライニングするので、寝台とは呼べないが ゆったりだからである。


翌朝 9時、ローカルは ”サンペドロ”と呼ぶ サンペドロ・デ・アタカマへ着いた。
バス停から予約しておいた宿までは1ブロックですぐ。町の中心から2ブロックと絶好の立地。
フランス人の間で絶大な人気を誇るホステルローズ・デ・アタカマ
本当にフランス人しかいない。。。ホステル内の公用語はフランス語、いきなりフランスに戻った気分。まぁもともとスペイン語もフランス語も牛美にとっちゃ 似たようなもんだ。もちろん英語も通じる。

このホステル、立地よし 値段よし 部屋も共有スペースも清潔 おまけに羽根布団。
シャワーの時間は朝晩2回に限定、朝食は付かないがキッチンで自炊可能。物干し場もあり、中庭も広く 家具類は古いが、我々には申し分ない宿。
物価高のアタカマの中心部でプライベート部屋が20,000ペソ(40ドル)なら文句ないぞ。
ドミ部屋(8,000ペソ)もあるので一人でもOK。かなりオススメの宿である。(詳細



写真下は中央広場の様子。
      



  昼時、アサード(焼肉)屋さんの肉を焼く煙。
   人も犬も匂いにつられて集まってくる。
        もち、奴豚も。。。


        中央広場は皆の社交場。


 
  野菜買って エンパナーダ立ち食いしながら そぞろ歩く。



ボリビアへ抜ける四駆のツアーと 貸し自転車屋を物色。

ゴージャスな夕焼けのなか、中庭でネギたっぷりリゾット、アボガドツナ缶乗せの夕飯なり。


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み