奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

CUZCO

  • 2012/10/31(水) 00:25:13

インカの大都市クスコ。


空港は小さいながらも設備はきちんとしていた。
当初、クスコには泊まらず空港から真っ直ぐオリャンタイタンボ(Ollantaytambo)へ行く予定でいたのだが、現在マチュピチュの入場券がネットで購入出来ないので、まずはクスコ市内のオフィスに出向いて手配することにした。ならば一泊しようと予定変更。

入場券のネット購入に制限がかかっており、現時点では国内からの購入、及び国内のVISAカード利用に限られている。ペルー国内に知合いが居るか、ペルーの旅行社に頼む以外、事前購入は難しくなった。VISAカードの不正使用が多数回発生した為の策なのだそうだが不便な話。

ピーク時ならばすぐに完売する入場券も11月のオフピークともなると直前でもチケットは難なく手に入る。

言うわけで無事ワイナピチュ山登山付きの入場券を購入。ワイナピチュ山と言うのは、マチュピチュ写真でよく見る後ろのとんがり山の事で一日の登山人数が400人に制限されている。これが人気で売切れ御免なのである。お値段 ひとり152ソル(約4700円)+クレジットカード利用手数料10%。観光地は高いのよ。

さて、空港には迎えを頼んでいたのでドライバーが待っていた。
高地でバッグを担いで宿探しは避けて予め予約を入れておいたゲストハウスへと向かう。無論、高いタクシー代は想定内。

ゲストハウスに泊まるのは久しぶり。個室だがトイレ・シャワーは共同。とても清潔で静か、スタッフも親切ないい宿だった。
Hospedaje Turistico RECOLETA。一泊$24US =62ソル。簡単な朝食込み、WiFi、24時間温水あり。

        

チェックインまで時間があったのでまずはコカ茶のもてなしを受け、銀行へ行き その足でマチュピチュ入場券を買いに。ちなみに銀行ATMで現金を引き出すと一律13ソル(400円)の手数料を取られる。一回に引き出せるのは700ソル(21000円)であった。

ペルーでは支払いはソルかドルの現金払いが一般的のようだ。



クスコの町。思ったよりも大きな都市だ。すり鉢状に町が広がり市外は高い高い丘の上。土砂崩れがあると一発でお終い状態のお粗末な家々が並んでいる。中心部は比較的しっかりした作りの家々。昔ながらの石を積み上げた作りあり、泥壁あり、ブロックやレンガやコンクリの家もある。乾燥して埃っぽい。ゆっくり歩いて中心部にあるプラザアルマ広場へ。



第一印象ですっかり町に惚れた。

観光客で溢れている。ピーク時は凄い事になるんだろうなぁ、この町。

高度のせいで頭が重いが、ゆっくり歩いて身体を慣らす。散歩程度なら何の問題もない。昼食を食べに評判のベジタリアンレストランへ。
たったの8ソル(240円)でスープ、サラダ、メインコースの日替りランチを提供している、しかも美味しい。流石に人気店だけあり満席でテーブルを譲り合って詰めて座らせてもらう。隣はオーストラリア人の女性二人。クスコは二度目だそうだ。今回は高度に順応出来ずとても辛いとこぼしていた。

広場からマーケットへ。
肉屋の店前は凄い事になっている。豚一頭どで〜ん!、牛の頭が皮を剥がれた状態でどど〜ん!!と置き去りだし、クイという名の食用モルモット系小動物が走り回っている。大きなチーズは常温保管、手作りの民芸品やら彫り物置物、ローカル向け安い食堂。ひしめき合う店先を覗いて楽しい散歩。石畳、排気ガス。
アウトドアの店もカジノもある。スターバックス、ケンタッキー、マクドナルドもある。何でもあるなぁ〜。


すっかり気に入り長い長い散歩のあと暮れ行く中、宿へと戻る。

街の明かりがとても綺麗ね、クスコ〜 。 字足らず。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み