奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

Melbourne Marathon

  • 2010/10/10(日) 23:30:45

メルボルンマラソン


木曜から始まった マラソンエキスポはシドニー同様小ぢんまりだった。

出店舗もすっかりお馴染みになった顔ぶれで挨拶を交わし合う。
オーストラリアは靴がやたらに高い。アシックスもセールではあっても高額。買うものもなし、ゼッケン受取ってさらりと引き揚げた。



   

        

平日の駐車料も高く、長時間停めておく気も失せて、市内観光もせずそそくさとお世話になっている友人宅へ戻った。

メルボルンには牛美の古くからの友人が住んでいる。郊外の高台に建つゆったりとした邸宅のゲストルームに泊めてもらい、初めてお目にかかったお二人のお子さんにとても親切にしてもらっている。なんと聡明で澄んだ眼差しだろう。お嬢さんが母親似で、ウン十年前の彼女を見ているような不思議な気分。友人の母の顔を見るのもなんだか眩しい。



さて、マラソン当日。

10月10日。ハーフマラソンのスタートは8時だった。

早朝、お嬢さんに車でスタートまで送って貰った。
荷物を預けて、トイレを済ませて いつも通り ゆっくりスタート。
奴豚はスタートと同時に前の人混みに消えて行った。

      




身体が重く感じる。
気温は低めで申し分ない天気。
ハーフ参加は9千人強でなかなかばらけず コース上は混雑が続いて抜かすのが大変。
ゆっくりペースから抜け出せない。


早くからペースを上げて自滅するのが不安でスピードは極端に抑え気味。前半通過タイム1時間4分はどうしたって遅すぎだろう。。


自分より少し年配かと思われる綺麗なフォームの女性のハイペースに食らいつく。すぐ後ろを影の様にひっついて走る。彼女の足運びだけに集中する。やっと身体が楽になってきた。

       これは便利! な水バックが配られていた


  と、 今度はフルマラソンランナーの女性が脇を追い抜いて行く。上半身の筋肉が綺麗だ~。この方も年配。安定した実に力強い走りに魅了され今度はそっちにひっつく。分岐手前、行けるところまでくっ付いて走った。
       あんなバランスのいい リラックスした走りをしたいものだ。。。


MCGと呼ばれるスタジアムに入ったらあとは数百メートルでフィニッシュだ。

  もうちょい!

前半の遅れを引きずったまま、あまり挽回出来ずに終った。






二人の女性の足運びだけに集中したので、レース後半はコースをほとんど覚えていない。。。

どんな景色だったのだろう。。。




テニス好きには憧れのロッドレーバーアリーナ。
青いテニスコートが目に鮮やか。






前回のリハビリシドニーランよりは遥かにマシな
牛美 2時間3分
奴豚は1時間47分


目標の2時間切りは 又々先延ばし。

何度も走っても、一向に楽にならないのがマラソンの楽しみのひとつかもしれない。
それとも やっぱり真剣味が足りないのか?

大会終わってビールってのが いけないのか。。。?

この記事に対するコメント

Namiさん
いかがでした? 思った走りは出来ましたか。
タイム拝見しましたよ。早い!
私は今回もサブ2ならず。。

  • 投稿者:牛美
  • URL
  • 2010/10/10(日) 22:33:44
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み