奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

Big Sur

  • 2010/05/22(土) 15:39:31

サンフランシスコの新聞 サンフランシスコクロニカルにはB2Bの参加者のなかに見苦しい泥酔者が多すぎる事を批判する記事が掲載されていた。
ハメを外しすぎたのであろう。。。ロードレースかお祭騒ぎか、線挽きが迫られる日も近かろうと思う。度をこすのは なんであれよくはないな。


さて、我々はというと、火曜から三泊で近郊の街 モントレーへ行ってきた。


本来の趣旨は有名なマラソンが開かれているBig Surという町に泊まって、そのコースを走ろうと思っていたのだが、実際にBig Surについてみたら、キャンプ場は暗く湿っていて、寒く 天気も悪かったので、すぐ手前のモントレーのモーテルにチェックインしたのだった。

モーテルがキャンプ場より安くて朝食、 暖炉付ってのは驚きだ。そしてモントレーの町は雲一つない快晴。眼と鼻の先でこの違いはどうだ。。。(タマタマ天気が悪かっただけだって)

           



モントレーでは、フィッシャーマンズワーフで魚料理を楽しみ、二日間 海岸沿いの素晴らしく景色の良い道を幸せ一杯に走って来た。まぁ素敵なジョギングだったことか。。。


モントレー及びカーメル近郊の沿岸はマリーンライフの保護地区に指定されており、ラッコやアシカ、鯨が生息している。海中にはラッコの好むケルプが豊富に茂っており、このケルプのゆりかごに守られ、ラッコ達がのんびりゆるやかに波に揺られているさまが目の前で見られる。
アシカの子供達も母親に連れられ浜辺で昼寝していた。
平和な幸せな光景だ。



モントレーには泥棒もひったくりも置き引きさえ存在しない 犯罪ゼロの町なんだそうだ。
裕福な退職者がゆったりと暮らし、見るからにお金持ちそうな家々がならんでいる。
住民になる為には素行調査や面接とかあるんじゃなかろうか。。。?




超有名なゴルフクラブがいくつもあり、皆さん上品に日焼けして、肥満の人などみかけない。
穏やかな穏やかな街である。
きちんと躾された お利口さんのワンちゃんが沢山居る いい街だった。

で、次なるレースはと言うと、明後日(日曜)のサンタクララでのトレイル。
奴豚はハーフ、牛美は9マイル(15キロ弱)。また山の尾根を上ったり下ったりしてくる。
サンタクララ ホースシューマラソンウェブサイトはこちら


そして昨夜、急に思いたって6月19日開催のアンカレッジのレースに申し込みしたのだった。

6月はじめにアラスカ(お初!)へ 飛びます!


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み