奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

WWW の HHH

  • 2010/05/02(日) 17:20:19

WWW(WildWildWest)の翌日の日曜日、早々に宿をチェックアウトして車で1時間半程南のRandsburgというゴーストタウン(みたいな町)へ向かった。

      


11時開始のHHH ハッシュに参加するためだ。
奴豚はちょこちょこ各地のハッシュに参加していたが、牛美は川を渡ったり泥だらけで土手をよじ登ったりが嫌になったのでハッシュからは遠ざかっていた。




この日も 見学のつもりで集合してみたら 昨日一緒にWWWを走った顔もいて、「じゃ、走りますか」てなことになり 約1時間あまりのアップダウンを楽しく走らせてもらった。



       
HHHのコースは道路にヒントあり。    小麦粉の印を探しながら走る走る。

     


丘を登って駆け下りて、炭坑跡地を通り過ぎ ほぼゴーストタウンのような町に戻ってきた。
コース途中 刺のある植物で足を引っ掻きみんなで傷作ったり、ガラガラ蛇の音を聞いて揃って飛び退いたり。。。 残念ながら姿は見れなかったが。。(ラッキー)

      
途中 ”ゾンビー”という名の強〜いアルコールカクテルの給水所なんかあったりして ハッシュメンバーはお茶目で打ち解けやすい人達だ。
写真上 左) ゾンビー給水所にて強〜〜いカクテルで目覚める。


町には誰も住んでいないのかと思いきや、昼を過ぎたら 一角にあるWhite House Saloonというサルーンは人で溢れていた。
オフロードバイカーやらクワッド(四輪のカート)の団体がこぞってここで昼を食べている。そこにハッシュのメンバーが50人程度加わったから 店は大繁盛だ。
おかげで通りの土産物屋やアンティックショップにも人が流れるので 朝とはうってかわって活気のある町になっていた。


メンバー全員で恒例のビール親睦会。冗談まじりの(というかほとんど冗談ばかり)の 進行は実にアメリカ人らしくて面白かった。
     


初参加のお印、罰ゲームでさんざん飲まされ、午後2時に終了し別れたが 我々は酔い覚ましで少しゆっくり休んだあと、デスバレーへ向けて出発した。


この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み