奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

氷の国へ

  • 2010/03/26(金) 02:56:51

3月25日 マルセイユからTGV(新幹線)でパリまで約3時間強。エラい!定刻だった。やれば出来るぞフランス国鉄。
リヨン駅に宿を取りパリの町に出てみた。

わずか一泊、それも数時間だけのパリの町。



セーヌ川沿いをブラブラし、ノートルダム寺院を見学。
う〜〜ん、流石パリ、観光客でいっぱい。こんなに沢山の日本の人とすれ違うのは久しぶりの気分。
そしてこれほど騒がしい寺院内部というのも珍しい。








宿に戻る途中でにわか雨に降られて軒先で雨宿り。
通り過ぎた雨の後には虹。。。

     (緑の塔の左下に虹がうっすら見えます??)





パリからレイキャビク経由(ストップオーバー)ボストン行き片道料金、お一人さま約400$(US)は今の時期 アイスランド航空が一番安かった。
ビデオオンデマンドで映画見ながら約3時間でレイキャビク到着。
機内サービスは食事と酒類が有料。
ソフトドリンク類は無料だった。


物価が高いと聞いていたので 入国の際、免税店でワインとシャンペンを買っておいた。
     ふっふっふ。本日は牛美の誕生日なのである。



空港からバスで市内まで約40分。
道中はだだっ広〜い平坦な地形でゴロゴロと噴火で飛ばされて来た火山岩(軽石のような)で埋め尽くされていた。
月面て もしかしたらこんな感じだろうか?と思わせるような景色。


数日前に火山噴火のニュースを聞いたが噴煙が見える訳でもなし、何事もないように静かだ。

予約しておいたアパートには 鍵が待っているはずだったが 「ない。。。」?
管理人を電話で呼び出す。我々の予約名が落ちていた。

 「すまんすまん」と慌ててやって来た管理人のトーリ氏は 焦って部屋を用意してくれた。




Wifi, キッチン付きで快適。
これで一泊朝食込みで39€は悪くない。

早速シャンペン冷やして まずは乾杯。




下調べしておいたちょいと良いレストランに嬉々と予約を入れた。
本日のディナーは豪華版。奴豚の母上からのプレゼント。
  アイスランドは物価高いからねぇ〜、お高いよ〜、今宵のディナーは。。。

その豪華メニューはこちら。↓  海老尽くしメニュー。
  

       デザートには「おめでとう」のコメント入り。やれ嬉や!



今週のレイキャビクは暖かい日が続いているらしい。気温も日中10度くらいまであがる。
予報ではマイナスと聞いていたので ほっと一息。
果たして 夢のオーロラは見えるだろうか???
町行く車はスパイクタイヤを履いている。
天気予報は週末からまた零下に戻る。ジョギングはどんな格好で行こうか???

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み