奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

キューちゃん 何故に。。。?

  • 2009/11/16(月) 00:38:38

映画好きである。

ある時期、日に2〜3本見ることもあった。(よっぽどの暇人?) ただ何本も続けてみると話がごっちゃになって記憶に残ることになってしまうのだが。。。

B級映画も三流映画でも喜んで見るほうだが、
今日見てきたのは「2012」。 

これからロードショーを楽しみにしている方には申し訳ないが、、、「誰よ、これ撮ったの。責任者出てこ〜い」というのが正直な感想。
あくまでも牛美個人の勝手な感想なので、『どこが?』と かえって興味が湧いた方はどうぞ大枚払ってご覧下さいまし。KLの新しい映画館は高くて(ペナンに比べて)12リンギット(320円)もしたので さらに腹がたつのって。。。

マヤ暦や天変地異、異常気象に食糧難、伝染病や細菌や核兵器、いつ何があるとも判らない世の中になってきた。世界/人類滅亡?。映画のように いきなりとは言わないが。。ノアの方舟が秘密裏に作られていても、地下深く或は宇宙に秘密の避難場所があろうとも、今更驚いたりしない。
そんなこともあるだろうと思う。(これは映画の内容とは関係ないですよ)

2012は見る人に何か地球の為になることを伝える内容かと勝手に思っていたのだが。。。。。。それとも単なる警告?  それにしても・・・・・
娯楽映画としてもストーリーに集中出来ないのだ。何故かと言うと、それはないよなぁという場面が多すぎる。主役の車や飛行機の回りだけ崩れない大地や軽々と瓦礫を飛び越えてしまうシーンが多すぎて。  How convenient。。  全編そんな感じ。

しかし何故ジョン・キューザックよ、この役を引き受けたの? 

とまぁ こうやって映画ひとつに長々と文句言っていられる幸せな時間に感謝しながら 今のうちに謳歌しておこう。 (そういうオチかい? ってか。。)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み