奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

This is it

  • 2009/10/29(木) 22:37:57

10月28日から2週間のみの限定上映と言われているマイケルジャクソンの(追悼映画とも呼べる)「This is it」を見てきた。

日本では随分な盛り上がりのように見られるが、ここペナンの平日昼間は観客ほんの9人だった。映画は安くて5リンギット(130円)で見られる。


スリラーのアルバムが大ヒットしたのは 牛美がうら若きピチピチの20代(何と今から30年も前か。。。)の頃、シンガポールへ出稼ぎに来ていた時だった。
堂々と町で市販されている 違法コピーのカセットテープを 本当にすり切れるほど聞いた。

映画の中のマイケルは細いが鍛え上げられとてもこの数日後に亡くなってしまうとは思えない様子だった。

           つま先から頭の先まで身体全体がまるで音楽そのもののような人だった。。


劇中、マイケルがクレーンに乗ってのリハーサルの際、手すりから手を離したマイケルに対して 制作総指揮および監督のケニー・オルテガ氏が 「お願いだからMJ(マイケルジャクソンのこと) 手すりにつかまっていて。。」 と マイケルの安全を心から気にかけていた場面が哀しかった。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み