奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

ペナンよいとこ

  • 2009/10/28(水) 10:24:36

ペナンでの日々を満喫中。

日本から短期で遊びにくる方の多くはペナンをリゾート地とお考えと思う。島の北側の比較的海が綺麗な辺りに滞在して(それでも海で泳ぐ人はいない。。。)ホテルのプールでカクテル片手にリゾッチャだろうか。・・・が、旅好きには是非ジョージタウンに泊まる事を勧める。

ディープなバックパッカーにはチュリア通りの安宿があるし、コムタ(のっぽのビル)近辺のきちんとしたホテルも選択が沢山ある。種類はピンキリと言うよりべらぼうに安い宿か少々お高めの宿かのどちらかで 中間層が少なく、かろうじて最近出来た"Tune Hotel” が中間クラスだろうか。。
       (後日談:探したら中間クラスもいくつか見つかりました)

ちなみに“べらぼう”というのが ドミトリーで1人五百円くらい、少々お高めとは1部屋四〜五千円のホテル、というところか。(もっと安い所もあるのだろうな)
 もちろん近隣国には さらにべらぼうに安いドミトリーは沢山あるだろうが、ペナンの清潔さと治安を考えると値段の割に評価は高いような気がするが どうだろう。。
とは言え、我々はべらぼうクラスには 今の所お世話にならずにいる。寝るだけだからどんな場所でも...とは思っていない。旅先の短期間だけ格安宿に泊まっても 家に帰れば心地よいHomeが待っているならば それもいいかもしれないが、帰る『自宅』がない我々には毎日の宿が「Home」。帰りたいと思える空間、天気や体調が悪いときにはだらだら部屋でのんびりしたくなるような快適さとプライバシーが必要だと思っている。    我が家の大蔵省が大丈夫だと言っている間はね。。
まぁ、値段云々よりも肌で感じる心地よさや第一印象が大事なのだが。
     じゃぁ、どこに泊まってんの?と思われる方はトップページから宿情報のコーナーをご覧あれ。今回は上海マラソントレーニング用にジムは不可欠だったのでここに白羽の矢がたったのだった。

さらに小型のオートバイをレンタルすれば ジョージタウン生活はもう完璧。ブイブイといつでも何処へでも自由自在に移動可能。(一方通行だって逆走可能)
レンタル料は3日間借りて50リンギット(1300円)は相場からすると安い方だ。
チュリア通りのレンタル屋だと1日(24時間)レンタルで25〜30リンギット。我々が借りたのはTune Hotel1階にあるレンタル屋、ここが今の所最安値だった。

島の北西側は自然豊かで 道路もいい感じにアップダウンでジョギングで走りたくなるいい道。車の通りもほとんどなくトレーニングにはもってこい。近日中に走りに行ってこようと思っている。

ジョージタウンの詳細については このご夫婦の大変美しく実に几帳面な素晴らしいブログがあるので是非ご参考にご覧下さい。

          こんな町です、ジョージタウンって。という とても素敵なブログはこのアドレスをコピペして下さい。↓
http://enjoy.sekaiisan-yay.jp/archives/2008/12/35.php

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み