奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

日本一周バイクツアー ラストスパート

  • 2009/08/28(金) 20:24:51

8月27日

大阪から三重へ

皮膚アレルギーで痒がる牛美をなかば気味悪そうに見ながらも「このまま東京へ戻ろう」と奴豚が心にもない優しい言葉をかけてくれるが、ここで止めるのはお互い不本意。
様子を見て 辛くなったら何処かで医者に行くということにして大阪を出発。
大都市は入るのも出るのも時間かかって厄介だ。




大阪から高野山を目指して走る。

女人道を歩き、金剛峰寺で御参り。
        


潮岬へは行かず熊野古道を巡る。約2?ほど歩いてみた。
           

世界遺産になったからか 古道とはいえ綺麗に整備されている。案内立て看板も新品だ。観光バスで来るから軽装で歩きにくる人も多いのだろう。 
世界遺産に登録されたルートだけで400?もあり、それ以外にも道は延々と続いている。かなり根性いれないと踏破出来ない。ちなみに四国の遍路は1200キロメートルだそうだ。

新宮から海岸線へ出て 尾鷲まで330キロメートル

何故か紀伊半島にはビジネスホテルが極端に少ない。(ビジネスマンが行かないのだろうか。。。?)
いつもお世話になっているなじみの宿がひとつも見つからず、やたらと高い地元のホテルに泊まる。素泊まり9800円はいくらなんでも高過ぎでしょ。。。


View Larger Map



戻るぞ 東京 8月28日

価格設定の高い尾鷲のホテルを早々と出て、まだ朝の爽やかな風の中を42号線で海岸線を攻める。ぐいぐいと鳥羽まで快走。


鳥羽からフェリーに乗るのである。

フェリーターミナルに早く着き過ぎたので読書して時間をつぶす。
伊勢名物赤福に目が行くが、甘いものはやめておこう。

鳥羽から伊良湖岬までは55分。
ジャンプしながらフェリーと並んで泳ぐイルカの群れを見ながらラクチン愛知県入り。



海沿いの150号線のアカウミガメの産卵地の隣には産業廃棄物処理所。ど〜なってんねん? それでいてオフロード車進入禁止にする意味がわからん。見かけだけの環境保護。

浜名湖を過ぎ国道1号線はまるで高速道路のようで、ガンガン飛ばす皆さんについてこちらもハイペース。

藤枝に宿を予約してあったが、早く着きすぎたのでキャンセル入れて、このまま東京まで突っ走る事にした。
疲れたら東名に乗ろう、という話し合いのもと、別に急ぐわけでもなし、沼津で夕飯にして、慣れ親しんだ246号線で帰路につく。



     涼しい夜。

二ヶ月弱の日本一周の数々の場面を思い出しながら、出会った人達、親兄弟へ感謝をしながら 夜の道を渋谷へと走った。

自分らしさを忘れずに、人に染まらず いつも一本通った人間で生きて行きたい。

そんな事を考えながら尾鷲から東京渋谷まで480キロメートル


午後10時。
7月6日にスタートした日本一周バイクツアー無事帰還。


View Larger Map

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み