奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

バンコクは今。。。

  • 2008/11/25(火) 01:10:56

バンコクは今。。。


 連日 ネットのニュース上ではバンコクのPAD(反政府市民団体「民主主義のための市民同盟」)のデモが過激化して 町では緊張が高まっていると書かれてあり、これを読むとバンコク市内は混乱状態のように想像される。「なんだかキナ臭い、危険そうだから敬遠しとこう」と思うのも無理はなさそうなニュース内容。


じゃ、実際の所どうなのよ? という外部の目から見て感じた報告をば。。。


市内はいたって静かで平和で どこでデモしてるの? という感じ。
国会前をタクシーで通過したが ここがそうよと指摘されたとしても分からなかったであろうと思うほどだ。一概に「市内」と言っても国会の回りだけであろうと思われる。そして臨時政府が設置されている国内空港施設内ではきっと大掛かりなデモが行なわれているのだろうと思う。それらは新聞の朝刊一面、そしてヤフーニュース等からの情報であって、デモについて話す人は回りにおらず、ローカルも普段となんら変わりない生活をおくっている。

バスや電車も普通に動いている。町に特に警官が多い訳でもなく、パトロール中のお巡りさんも道ばたで談笑してたり 屋台で飲み物買っていたり と のどかな雰囲気。
唯一目についたのは 各大型ショッピングセンターの入り口に金属探知機のような 空港等に設置してあるセキュリティー機材が置かれており、時々客のバックの中を調べている程度だ。これはイスタンブールにもあった。そのうち東京にもお目見えするかもしれない。

バックパッカーの天国と呼ばれる「カオサン通り」からほど遠くないゲストハウスに泊まっている我々だが、カオサンの盛況ぶりは変わりなく、多少清潔にはなったかな?という通りに 今日もバックパックを担いだ多くの観光客が来ては去り、来ては去りを繰り返している。全くもっていつものバンコクの様子。
反政府のデモ人員は3ヶ月という長引くデモ期間のうちに1万人以下に縮小しているようである。1万人というと武道館の1、2、3階席を合わせた人数程度か。。
さらに長期化した場合、国民からの支持が得られるのかどうか が 今後の勝敗の分け目になるような気がしている。

ただ、国際空港閉鎖宣言されてしまい、明日26日だけでなく その後も続くと我々にとって大変迷惑なことになるので それが目下の心配事。
28日にはカンボジアへ飛ぶ予定なのであるなぁ。。。 

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み