奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

Kona Marathon

  • 2013/06/23(日) 06:34:14

コナマラソン・20周年記念大会

           

奴豚が「眠れない、眠れない」と騒々しく寝返りを繰り返すお陰ですっかり睡魔が去ってしまった牛美。と横でたった今眠れんと文句言っていた奴豚がイビキ。。。やりきれんなぁー、ったく。。

マラソン前に熟睡出来る確率は低い。


3時半起床。準備して4時45分に宿を出た。
宿から3キロ強先のスタート地点までレンタカー。フィニッシュがさらに先なのと急勾配の坂道なので、マラソン後にここを徒歩で登るのは酷。



スタート場所のキーホウショッピングセンターはまだ暗く、スーパームーンが綺麗だ。




フルマラソン参加は335人とのこと。少ない。
20周年記念大会だが手際がイマイチで15分遅れのスタートだった。去年と違うコースなんだそうな。



         

5時45分,坂道のスタート。


まず大きく下って海沿いのAlii Drive(アリイドライブ)を空港方面へ北上する。

明け方の静かで穏やかな海を見ながらゆっくり走る。




       


奴豚は今回、クロックスサンダルである。

近頃クロックスがマラソンに最適と評判上昇中なので初トライ。軽くてクッションも適度にあり夏のマラソンには最適のようだ。安いし手軽、快調に前へ消えて行ってしまった。



牛美は練習不足と暑さが不安なので5時間完走を目指しゆっくり。(いつもだけど。。)
全走者に声援を、沿道の応援者全員にお礼の言葉を交わすこと、を目標にした。


   


アウトアンドバックとは同じコースを行って戻ること。
空港まで行って、来た道を戻る。

  

途中からコースはハイウェイになり脇を車がすっ飛ばして行くのはあまり良いとは言えないが、、、
ハワイのマラソンはホノルルマラソンも同様に、他にコース取りが出来ないのであろう。

単調なハイウェイは山を横目で見ながら、折返してくるランナーを讃えて笑顔で乗り切る。

    


後半、気温も湿度も上がり身体に熱が溜まってくるのが解る。給水所にシャワーが設置されているところは躊躇なく頭から水をかぶる。給水所毎に止まり水と氷を補給。氷で首、脇、胸、手首、足、身体を出来るだけ冷やした。

      
ハイウェイからアリイドライブに戻るとホッとした。
カフェから声援してくれる人達にも笑顔でサンキュー。笑顔は元気なんだけどね、足がね。。。




コースは大きな起伏をあがっておりての繰り返し。

現在も赤々とマグマがたぎる活火山の島だからね、平坦というわけにはいかない。

ただ大きな坂はキーホウショッピングセンター脇ぐらい。



今朝来た時は爽やかな海沿いと思ったアリイドライブの帰路は暑く単調に感じて24マイルあたりで辛くなった。

頭の芯が熱くなってきたのでコースを外れてビーチへ下り海水浴場に設置してあるシャワーを浴びて一息つく。
      ふぅう、やっぱり暑いわい。



エネルギー補給して気を取り直し、キーホウショッピングセンター脇の坂は止まらず駆け上がる。

       



   フィニッシュはシェラトンホテルの中庭。

裏手の砂利道が足に効く効く。さらにホテルの裏っ側から階段を四段登って降りるのは辛いよ。マラソン大会に階段て珍しくない??


   


プールで寛ぐ宿泊客の声援を浴び、やっとこじんまりしたフィニッシュをくぐった。
     あ〜、くたびれたーー。  もう今日は充分。ご苦労さん。



クロックスの奴豚 4時間30分、牛美5時間15分。
目標の5時間には届かなかった。北海道マラソンに不安を残す結果になってしまった。
北海道マラソンはタイムリミット5時間なり。


残りのハワイ滞在中は日中走る癖をつけて暑さ対策だなー。
もっと距離走っておかないと夏のフルはキツイわ。



フィニッシュ後はKona Brewing Company 提供の地ビールで乾杯なり。







フィニッシュした皆さんに「おめでとう!」

ボランティアの皆さんに心から「ありがとう!」


     平均 気温28度、湿度70%






海で 亀や熱帯魚とひと泳ぎして身体を冷やした後は、気前良くタダビールを振る舞ってくれた協賛ビール工場のレストランにて昼食なり。

   


前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み