奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

Cajamarca インカ道

  • 2013/04/03(水) 09:41:06

雨季のカハマルカ


一日中降り続くことはないが、毎日昼頃から決まって雨。
部屋も湿って、小物を洗濯しても乾くまで二日かかる。
やはり雨は憂鬱だ。濡れたランニングシューズを履くのも嫌だ。どうも気合が入らない。


この町の犬達は縄張り意識が強く凶暴だ。
走っているものを見ると人だろうがバイクだろうが車だろうが狂ったように突っかかって行く。歯を剥き出しで挑みかかってくるヤツらを棒で追い払い、石を投げつける。その繰り返しにウンザリで走りに行く気持ちが失せるのだ。


せめて One day One thing (一日 なにかひとつはしよう)と決め行動。

  二日目:標高3千メートルジョギングと市場探索
  三日目:クンベマヨツアー & 散歩
  四日目:ラン航空にて先日の欠航便補償金請求と受取り & バスチケット購入
  五日目:奴豚のみ午前中ランニング。教会巡り & 散歩
  六日目:クンベマヨから町まで20キロラン と 犬との格闘


町中は車やバイクタクシーが交通ルールを無視して走り回っているのでとても走れる環境ではなく、仕方なく山まで上がる。
が、山へ行くと凶暴な犬達が沢山いるので 人里離れたクンベマヨまでわざわざタクシーで行き走って戻って来た。
“岩の森”クンベマヨは標高3500メートル。そこから町まで20キロ下るジョギングは景色も天気も良く楽しかった。
町に近づくにつれ犬が増える。嫌になるなぁ〜、バカ犬どもめ。

ウシュアイアの犬達は犬種はシェパードかハスキー系で ガタイはデカイが皆 おっとりして なつっこかったが ペルーの犬達は中型の雑種で 気も小さいのかな?



  そう、ここには本家本元、由緒正しい”インカ道”がある。

クスコ近辺でインカ道と呼ばれているのは 単にインカ時代から使われていた道のひとつだが、ここのインカ道はクスコから王様が湯治に来る為に使っていた 言うなれば「王様の道」。インカの王が台座に乗り往復した道である。(ちなみに 王は自らお歩きになる事はなかったそうで。。)
雨季の今は 日によっては川のようにもなるが。。。トレッキングは可能である。



前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み