奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

オスローへ

  • 2012/06/21(木) 07:58:45

6月20日 ロンドン・ガトウィック ➡ ノルウェイ・オスロー

なんとノルウェイジァン航空の機内では飛行中WiFi無料サービスがあり驚いた… 最近はそういうものなのね?? 速度は恐ろしく遅かったがメールチェックは可能。
       

ロンドンから1時間45分でノルウェイの首都オスローへやってきた。
久々に担いだバックパックの重みで肩が凝る。寝不足で不機嫌だが空から見たオスロー周辺は森と湖に囲まれ青々として綺麗だ。第一印象は良い。
初日からしっかり自炊。







6月21日 オスロー 時差ぼけで起床4時。



オスローはホテルやホステルが高かったのでair B&B ( 部屋貸し)宿にしたのだが、中央駅やバスターミナルにも近い街の中心、

アクセス良し、眺望良し、階下にスーパーありで便利な場所。



唯一のマイナスは我々の部屋がものすごーく狭い事だった。

貸主は仕事で留守、同居の友人が鍵を開けてくれた。その彼とアパートを共有するのだが、仕事なのか連日帰宅は午前様でほとんど顔を合わせずアパート全部を気ままに使わせてもらっている。寝る時だけ部屋に戻るので狭さもさほど気にならない。




早起きしたのでさっそく街を巡るジョギングに出掛けた。




   オペラハウスの屋根を駆け上がり、








            港を回って、







   パレス(王宮)のハンサムな衛兵さんと写真を撮り、


目抜き通りを抜け戻って、朝食。シャワーを浴びてから改めて観光散策へ出掛けた。
陽射しがまばゆい。爽やかな夏日。乾燥して風が涼しくうっかり日焼けしそうだ。




フェリーで対岸へ渡り バイキング船を保存公開している美術館へ。

  

見事、惚れ惚れする美しい船だ。
安定感と装飾の素晴らしさ、眺めていて飽きない。
  ゆっくり見て回った。  ここはオススメ。




フェリーで戻って彫刻の森公園へ。ベンチでのんびり昼寝。

芝生の上、水着で寛ぐ地元の人達。
あちこちでバーベキューしていた。公共の場での飲酒は禁止されている。


マレーシアから続いている禁酒を引き継いでマラソンが終わるまではしばし我慢。…というか飲まずにいると飲まなくても良くなってきた。よしよし。
ただ、禁酒効果はあまり感じられない。長時間走れないしすぐ疲れる。



ミッドナイトサンマラソンなのでフィニッシュはミッドナイト(深夜)を計画している。
スタートが19時なので5時間かけて走れば丁度 深夜にフィニッシュの予定。
気負わずいきます。

後日談:HPで確認したらスタートは20時半だそうな。計画変更だな…




前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み