奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

いつかまた、ベトナム

  • 2012/05/24(木) 12:22:01

スーパーカブバイクのぶんぶん言う騒音とも、気狂いじみたクラクションとも お別れ。

ベトナムの道路走行ルールは【大型車が優先権を持つ】というシンプルなもの。(私的判断です、あしからず)
トラックやバスは小型車に幅寄せしまくり、バイクを脇に追いやり、道の真ん中を突っ走る。
もともと車線なんてない(たまにあるところもあるが)…逆走は当たり前、歩道も走るし信号は無視。
それでも、そこには暗黙のルールがありそれなりの秩序を保っていた。



毎日同じ物売り達に同じ物を押し売りされる。相手もいい加減 顔を覚えたろうが そんなことはお構いなし。昨日は要らなくても 今日は気が変わって要るかもしれん、そんなこともあるか。。。継続は力なり。



英会話の練習代わりに、外国人が多く集まる道端バーへやって来る現地の青少年達。どこから来たか? どこへ行くのか? 初歩会話からスタートするお決まりのフレーズと理解に苦しむ辛い長い会話時間も連日続くと疲れて、奴豚がポツリ「ゴメン、今日は話したくないんだ。。」 いい人でい続けるのには忍耐力が必要だ。
それとは逆に少女達はもっと気さく、、、というか目的が違うというか。。。


どこの国を訪ねても 記憶に強く残るのは田舎だ。
都会には都会の利便性と清潔感があるが、素朴さの残る人口密度の低い気さくでチャーミングな街並みは心に残る。
今回のベトナムで一番心惹かれた場所はホイアン。
ゆったりと時が流れ、静かな海岸も水が澄み 気持ちもふっくらした場所だった。宿の隣の食堂もピカイチだったし。
ホイアンで食事するならココ Cafe_43-




旅は出てよし戻ってよし。だんだんホームタウンになりつつある(気持ちの上で)クアラルンプールへ戻るのが これまた楽しみだ。


24日 エアアジアでサイゴンからKLまでひとっ飛び。





前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み