奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

サイゴン色々と。。。

  • 2012/05/23(水) 01:11:26

サイゴンは何でも高い。今まで20円で楽しんでいたビールが50円。食費が今までの倍だ。フォーも最安値200円。ゴミゴミさは北の都会のハノイとそう変わらないが、個人的にはハノイの方が味があって好きだ。



5月20日(日)奴豚はハッシュランへ。

一緒に行こうとしつこく懇願されたがビシッと却下。
昼過ぎに集合場所までついて行ってやったら、ローカルメンバーに目ざとく見つかり「おや、ママのお見送りかい?」と囃される。ハッシャー達は口が悪いから 意地悪な冗談を平気で言うのだ。いちいち真に受ける事はなく、冗談で返してやればよい。咄嗟に気の利いた事が言えない時は黙って受け流すだけ。
          
さて、はれてひとりでのんびりウィンドウを覗いたり、お茶しながら絵葉書書いたりと自由時間を満喫し、夕方は近くの公園をジモティーに混じって走った。

奴豚は深夜近くに酔っ払って戻る。なんとカメラを壊してきたのすら気付いていない。ご機嫌の様子に立腹する牛美。酔っぱらいに何を言っても仕方ない。さっさと寝かせつける。お小言は翌日に持ち越す。



21日(月)カメラの壊れたケース部分をなんとか修理、
と言ってもテープで補強するしかすべなし。

防水、防砂、耐衝撃もケースがもげてしまっては役に立たない。
何故、そこまではしゃがねばならんのだ、ハッシュランくらいで。。。ったく!
散策途中、バイクに乗った2人組の男にひったくられそうになる。狙われたのは奴豚のネックレス。よく見えたね〜と思うほど小さな物を狙ってきたが、失敗して走り去っていった。こちらは怪我もなく良かったが、きっと奴豚は二日酔いの馬鹿面だったんだろうと内心思っている。

午後はiPhone関連のアクセサリーを探して街をぶらぶら。値切れば値切るだけ下がる。いったい元はいくらなんだ??




22日(火)ベトコンの使っていたクチトンネル見学ツアーに参加。

    
サイゴンからカンボジア国境方面へ約100キロ程行ったところ、クチという場所の森林に残された250キロメートルにもわたるトンネル跡を、説明をうけながらその一部を見学す。

実際にトンネル内を歩かせてもらう。歩くと言うより腰をかがめたまま進む。トンネルの高さは80センチくらいか? 幅も狭い。太め、長身、年配は入る事が出来ない。
100m進んで出口へ。汗でびっしょりだ。現地ガイド氏から色々と説明をうけ、戦争がいかに邪悪で狂気なものかを考える時間であった。




ベトコンサンダルとはこれ。

これが標準装備の軍靴。古タイヤから作る。

ちなみにこのひとはマネキンさん。






23日(水)戦争資料館へ行く
昨日のトンネルとセットで見学するとなお解りやすい。
アメリカ人はここへ来るのは辛いだろうと思う展示で一杯である。ベトナム戦争とはいったい何だったのか、誰による誰のための戦いだったのか。戦争で儲ける大企業と犠牲になる罪のない弱者。

    

枯れ葉剤の悪夢はまだ続いている。いや、悪夢ではなく現実だ。汚染された土壌に住み、汚染された食料を摂取し続けた結果。どこかと似ていないか?


ベトナムに来た以上、戦争の跡に目をふさぐわけにはいかないだろう。
あれ程長期にわたった非人道的な狂気の歴史を見ておくべきだと思う。

今も戦い続ける国、人がいる。憎みあう人達がいる。これだけ世の中が進化しようと、人を憎む心は変わらないのか、、、我々人間という愚かな生き物は。。



ビールの話から戦争へと話題がぶっ飛び、28日間にわたるベトナム滞在も今日で最後。

来てよかった。




前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み