奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

エジンバラ

  • 2011/09/19(月) 08:35:32

エジンバラはたいそう美しい街。
大都会なのにこの美しさはなんだ?
近代的なビルや四角いコンクリートの建物がないからだろうか。
   

エジンバラ城からエリザベス女王の避暑地 パレスへ続くHigh Street(別名ロイヤルマイル)をそぞろ歩き。天気はもちろん降ったり止んだりする雨である。服装は秋を通りこして冬だね、こりゃ。寒いよ。マフラー持参。
   


エジンバラ城 (入城料15ポンド) をゆっくり見学。

午後1時のワンオクロックガンを聞くのも忘れない。





ワンオクロックガンとは毎日午後1時に時計代わりに大砲を打ち鳴らすのであるが、ここエジンバラ城内でドカン!とやってくれるので見ていた。
若い女性のオフィサーが懐中時計のようなものを取り出し、チラリと確認したかと思ったら間髪いれずに〈ドカン!〉
あまりの素早さにシャッター押せず。。。あとには火薬の匂い。

      

城の見学に4時間もかける。なかなか面白い。
さらっと見ようと思えば30分もあればいいだろうが、雨だし急ぐ事もなし、一つ一つゆっくり見た。


その後、air B&B宿のご夫婦に勧められたThe Bow Barというパブへ行く。スコットランドだからね、スコッチウイスキーを飲みに。
実はスコッチは嫌いじゃあない。ストレートの香りを楽しみながらこれもゆっくりたのしむ。
久しぶりのウイスキーはお腹に染みる。美味しいなぁ〜。
メインストリートからはずれた、ローカルが気軽に入る飾り気ない大人のパブである。ウイスキーのメニューブックがあり200種類から選ぶのは大変だ。


バグパイプの路上演奏を聞き、さらにそぞろ歩いて夕飯を食べに別のパブへ。
ジキルとハイドという名の若者向けのパブだった。奴豚の知人から勧めてもらったのだが、イマイチ落ち着かず。食事のメニューもいまひとつ。知人が訪ねたのは何年も昔の事だから、その頃とはずいぶん変わったんじゃないかなー。ちとガッカリ。

今日は車を置いてバスにて市内を移動。
予定の半分も回れなかった市内観光。また明日も行ってこよう。


前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み