奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

Great Britain

  • 2011/09/15(木) 06:35:08

15日、奴豚の従兄弟パスカルにマルセイユ空港へ送ってもらいライアンエアにて深夜ロンドン着。パスカルとはレイキャビクに続いて、ロックネスマラソンも一緒に走るので我々一足お先にというわけだ。待ってるよーと言って別れる。

午前零時、ロンドンとは言っても郊外のスタンステッド空港に降りたつ。肌寒い。
スタンステッドはロンドンの遥か北にある。

入国審査が長蛇の列で、EUパスポートの奴豚はさっさと先に入国し、こちらは延々待った待った。審査官の質問も根掘り葉掘り聞かれた。

審査官 入国カードを見ながら「3週間滞在だね?目的はなに?」
牛美「観光とマラソン」
審査官「どのマラソン?」
牛美「ロックネス、インバネスの」
審査官「何マイル走るの?」
牛美「42キ。。。じゃなくって、26マイル」
審査官「英国の次は何処へ?」
牛美「フランス、マルセイユ」
審査官「住んでいるのは日本?」
牛美「はい」
審査官「日本へはいつ帰る?」
牛美「来年1月末」
審査官「いつ日本を出国した?」
牛美「4月6日」
審査官「それから今日まで何処へ行っていた?」
牛美「米国とカナダ」
審査官「そこでは何を?」
牛美「マラソン」

審査官、少し呆れた顔で ポンポンとパスポートにスタンプを押し、<グッドラック>と言って無事入国となった。
英国はいつも色々と質問され、入国も出国も時間がかかるのだ。
審査官達は、会話の中からほころびを見つけたりつじつまが合わなかったりという不審な態度や顔色を見分けているのであろう。



さて、ターミナルを出て、肌寒いから風邪ひかないようにね、っと言ってるそばから奴豚が風邪をひく。
あまりにあっけなくて呆れた。。。 いつもこうだよ、子供よりたちが悪い。
先回りして あ〜しろこ〜しろと言うと不機嫌になるからほっておくことにしているが、寒けりゃ自分で厚着してくれって。ったく。。。


前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み