奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

Air B&Bという宿システム

  • 2011/07/29(金) 13:34:08

さて、先日言っていたAir B&Bに移動してきた。

          そもそも それは何ぞや?  という説明を簡潔に:

 B&Bと言えば Bed and Breakfast(ベッドと朝食を提供する宿)であるが、このAir B&Bは必ずしも朝食が付いている訳ではないのでまずはあしからず。

普通の民家なり住居なりを宿として貸し出すシステムで、”成長して出て行った子供部屋を貸し出したい”とか ”部屋が余っているから貸し出して少しでも生活の足しにしたい”とか、理由は数々あれど 普通の人達が普通の部屋を民宿やホテルのように貸すシステムである。

比較的新しい流れだと思う。

きちんと組織化されており、貸す方も借りる方も まずはメンバー登録することから始まる。他人を自宅に泊めるのだからまぁそれくらいは普通だろう。写真と詳細説明されたサイトから(誰でも閲覧可能)空室日程と値段を調べ、オーナーに問い合わせを送る。と、組織の仲介を通じて返答が来る。気に入ったらクレジットカードで先払い。カードの支払いが確認された時点から直にオーナーとのやり取りが許可される。
チェックイン方法や家への行き方、その他 細々したことは 直にオーナーと連絡を取り合う。
これらの作業は スピーディー且つスムーズに運び ほとんど待たされることはなかった。

我々は カウチサーフィン とか ホスピタリティークラブ にもメンバー登録していて その両方を利用して ただで他人のお宅に泊めていただいた事は何度かある。それがきっかけで今でも親しくつきあっている人達も何人かいる。
上記は どちらも 「喜んで赤の他人をただで泊めてあげよう」と思っている人達のサイトである。他にもサイクリスト達用にウォームシャワーというサイトもある。こちらはもっと究極で、サイクリスト同士が「ともかく屋根の下で寝かせてあげよう」というグループのサイトである。

世の中には 感謝してもしつくせない程 親切で心の温かい人達が沢山いるのである。


話をAir B&Bに戻そう。。。

今やこの組織は世界各国に広まっているので 機会があればどうぞお試しを。



我々の家主は 気楽な男性で犬が二匹、猫が一匹。

我々の部屋は 建造遺産として残された数少ないバンクーバーのヘリテージハウスを綺麗に改築した屋根裏部屋で.....





猫の”ボーマック君”とシェアである。

14歳のオス猫との暮らしは実に心和む柔らかい時間。



      部屋のこっち側  と  あっち側
    



部屋は広く テラスから山が見渡せ バスタブも付いて なんと快適なことか。





一階のキッチンも使用自由。
庭にはジェットバスがある。
二匹のワン子達もなつっこく 
治安もよいこの家が居心地良過ぎて 時間の経つのを忘れそうだ。


支払っている金額は 先日まで泊まっていたスタンリー公園横のBuchan Hotelよりず〜〜っと安い。儲けもんだね。
オーナー氏は我々同様ランナーで趣味も合い、既に彼の友人達との週末のBBQや花火大会パーティーにお呼ばれ。嬉しいね。



ベッドもいい堅さでリネンやタオルも沢山。
洗濯機も自転車も自由に使用させてもらっている。


カウチサーフィンやホスピタリティークラブは タダで泊めてもらうというのが苦手な人には気詰まりな面があるのだが、ちゃんとお支払いして泊まるというこのシステムはその点 我々には気楽。
トロントでも このシステムを利用する。
おすすめな仕組みだと思うがいかがなものかな?


前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み