奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

カリカリもあります

  • 2010/11/25(木) 06:44:41

現在地: ダーガヴィル 12月8日南島行きフェリーに合わせて南下中。


ケリケリからカリカリへ。

ケリケリのハーフマラソン終了後は夕方からストリートパーティだった。メインストリートを通行止めにして露店がズラリとならび、ライブバンドも入って、大会参加者を中心に家族ぐるみで楽しめるひととき。やる事が憎いじゃないか。
ワインのプラスチックカップを手にあちこちの店を冷やかして回った。お陰で連泊とあいなった。



翌日、今度はカリカリ半島へ。へぇ~~ケリケリの次はカリカリか。。
本来ならば美しい海岸線と沖に浮かぶ島々の景観が素晴らしいはずだったが雨で霞んで見えず。山道をくねくね走っていたら疲れて、そのままフェリーに乗って近道してしまった。








引続き北を目指して、
   とうとうニュージーランド最北端の灯台へ。








タスマン海と太平洋がぶつかって渦を巻いている。

その光景をマオリの人達は柔らかい女性の海と荒々しい男性の海の交わりと例えたそうだ。
ここは亡くなった人の魂がマオリの地を離れていく場所とも言われている。島の北の果てから旅立って行くのである。
自分もいつか旅立つ日が来るんだなとぼんやり思いながら海風に吹かれていた。







近くに巨大な砂丘があり、サンドボードを借りてひと遊び。


   まずは のぼり始め。。。





       のぼって。。。             さらにのぼって。。。
      


砂山を登るのに息が切れるって。。遊ぶのも楽じゃない。

登るのに10分。滑って下りるのは10秒。


三回も滑ったところでいい加減充分だ。
砂まみれになって童心にかえった気分。




      


トンガリロのタフなハーフマラソンは不参加決定。
その代わりにトンガリロアルペンクロッシングと呼ばれるトレッキングをしてみようと思っている。




お陰で時間的にも気分的にも余裕ができたので少し進む速度をゆるめて、小さな街の小さなハッシュHHHランに参加した。


ダーガヴィル。

今までで一番小規模のハッシュだった。

      

      

ローカルのメンバーが、走りながら街の歴史や名所を紹介してくれた。
爽やかなひと時に感謝。



前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み