奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

西へ行こう

  • 2010/08/08(日) 12:24:15

グレゴリー国立公園は海外の旅行者には知名度が低くローカルの四駆愛好者にはポピュラーな 知る人ぞ知る公園である。

せっかく我々も四駆のキャンパーバンを借りているのだから、いざ!と行ってみたのだが、入口のビクトリアリバー 東側をチラッと見て、何を思ったか我々 急に思い立って西オーストラリアへ足を伸ばすことにして、そのままKununurra(クヌヌラ)まで走ってしまった。

    

と言うと一気に駆け抜けたようで格好良く聞こえるかもしれんが、実は途中に検疫所があるとは知らず、ノーザンテリトリーとウエストオーストラリアの中間で足留めされたのだった。

いったい誰が同じ国内で検疫検査があるなんて思う???

買ったばかりのトマト10個、リンゴ8個、人参、ズッキーニ、玉ねぎ きゅうり、どれも持ち込み禁止だと言う。生野菜 フルーツ、ナッツ類、ハチミツや種など 虫の幼虫が潜んでいそうな食品が制限されているのだった。

検疫所のお兄さんは 毎回同じことを日に何べんも繰り返しているだろう口調で 「選択はふたつ。今ここで捨てるか、あっちのベンチに行って食べるか調理するか、どちらかを選んで」と言った。
         ひえ~~~。  

金額にすれば大した事はないのだが食品を捨てるというのが引っかかる。引き返して帰ろうかとまで思った。300キロも???
運悪く雨が降り出したし。。

と、いう事で、もうお分かりとは思うが、ボーダーでガスバーナ出して料理するハメになったのだった。
トマトとズッキーニ、玉ねぎでパスタソースを作り、デザート用に煮リンゴまで作った。火の通りが遅い人参は仕方なく処分。要するに火が通っていれば基本的にオッケーなのであった。それらをタッパーに詰め込んで検疫を通過。

☜ 左 ) 料理中

我々の他にも調理選択組は沢山いて、テーブル囲んでちょっとした持ち寄り立食パーティー状態であった。


さて思いがけずに夕食の支度も整ってしまったし、料理している間に雨も止んだ。西オーストラリアは緑豊かな起伏にとんだ美しいところであった。低くても山があるというのは大きな違いだ。ボアブという名のぽっちゃり体形の木が愛嬌があっていい味出ている。すっかりボアブのファンになってしまった。

  写真下) ボアブの木 Boab Tree
     



クヌヌラのキャラバンパークはラグーンに面した素敵な所で居心地良くて三泊もした。
周辺の観光もしてきた。エルクエストロ ワイルダネスパークは実に美しい場所だ。ゆっくり回れなかったが機会があれば是非 西オーストラリアを重点的に回りたいと思う。

  
              
皆、西が綺麗だと言っていたのは本当だった。今のところ西オーストラリアが一番美しい所だな。


アリススプリングまでそろそろ時間が迫ってきたので、スチュワートハイウエイへ戻る為、キャサリンへ向かった。


前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み