奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

Denali National Park

  • 2010/06/16(水) 04:55:16

デナリ国立公園(Denali National Park)はアンカレッジから250マイル(約400キロ北)にある。
アンカレッジの高速道路は 北行きと南行きしかないので迷子にならずに楽に町を出られる。

お世話になったアンカレッジのカップル ジョンとクリスティン宅を早めに出て、(二匹のわんちゃんに別れを告げて)北へ走った。
パトカーが多すぎてスピード超過するわけにはいかず(??)法定速度にて4時間半で到着。

途中のドライブも素晴らしい景色で楽しめるのだが、公園に近づいた道路脇にはすでにムースがいて 幸先よいスタート。



ネットで見つけたロッジは 想像したよりずっと快適でオーナーの親父の人柄もプラスで チェックインするなり我が家のように馴染む。部屋は一番安いロフトで天井に頭をぶつけそうだがベッドもリネンも実に肌触りが良い。さらにリビングとキッチン、ベランダが広く快適で部屋にこもらず ほとんどの時間はリビングにいることになったのだが、他のお客さん達と打ち解け合い 遅くまで冗談言い合って笑った笑った。。。実に楽しい時間を過ごしたのだった。

ロッジの脇にビーバー池があり 音をたてると、好奇心旺盛のビーバー達が集まってくる。

    心地よいリビング


デナリ国立公園は夏のシーズンは一般車の乗り入れが制限されており、シャトルバスで移動することになるが、事前予約が必要なので 早めに手配をすることをお勧めする。

     

       快晴。青い空。マッキンリー山が美しい。
     

          トレイルの入り口に置かれていた言葉。
          

     マッキンリー山  左の地図を右の写真になぞってご覧あれ。
     
     あの山のどこかに植村 直己氏が眠っているのだなぁと黙祷を捧げる。


     


ムース、カリブー、オオカミ、キツネ、ゴールデンイーグル、山ヤギ、そして やっぱり見たかったのは熊か。  

     


母熊が二匹の小熊を連れていた。
二組の親子に出くわし、そのうちの一組の母親は我々のバスからさほど離れていない距離で小熊達に授乳を始めた。
左は お乳を飲んでいる小熊達。
なんと愛に満ちあふれた美しい光景だったことか。。。 
     感動。。。


前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み