奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

さすらいのギャンブラー

  • 2010/05/14(金) 04:38:06

モニュメントバレーを出て進路はサンノゼ。
往路とは違う北よりの道を取って ぐるりと回って帰り道。

 。。。というか、行きはべガス立ちより、帰りはリノに寄っていきたいだけだ。
奴豚のDNAにはギャンブル好きが混じっているようで。。。



モニュメントバレーを背にずんずん走っていくと Valley of GODS (神々の渓谷)というこれまた広い広〜〜いバレーを横切っていくのだが、これも圧巻。

くねくねと未舗装の山道を登りきり モニュメントバレーとはお別れ。




Scenic Byway と呼ばれる景観のよい ほとんど対向車のない道を飛ばし、夕方通りかかったRichfieldという町で泊まることにした。

ユタはアルコールが州政府により管理されている。モルモン教徒が多く アルコールやタバコは御法度、と言ってはなんだが、コーヒーも飲まないそうだ。
皆さん摂取なさらないので一般のスーパーにアルコールは置いていない。(もしあったとしても度数の少ないビールとかアルコールゼロとか。。)

そうと知っていて、アリゾナで仕入れておいたワインもすでに飲んでしまったので 今宵は休肝日。


ユタにはいくつも素晴らしい国立公園があり大変美しい州ではあるのだが、、、
内心『早くユタ州を出たいなぁ。。』と 翌朝リノを目指してRoute 50 俗に Lonliest Roadと呼ばれる道中だ〜〜〜れもいない道を 車のクルーズコントロールを65マイルにしたままで 延々走った走った合計556マイル (約900キロ)。

ほとんど10時間近く走りっぱなしだった。




      砂漠に近い場所から こんどは吹雪の峠越えだ。
         なんてアメリカは広いんだろうかと また感心。。。

   



    太古の人たちが残した壁画。。。
      
      かなり大きい。

  人や家畜や蛇などがユニークに書かれている。






遥か遥か 遥か彼方へ 
    空まで続く一本道。

  誰もいないし 民家もなければ家畜もいない。

     (クリックで拡大)


リノRENOの町についたのは夜7時。すっごく寒い。。。

   あぁ、ネバダ。
      やけにリカーストアー(酒屋)が目につく気がしてならない。ちょっと嬉し。


今回もRoom saverという宿のディスカウントクーポンを利用して通常より遥かに低価格でチェックイン。Roomsaver.comというサイトからもクーポンの取得が可能。アメリカ国内を旅行する方には便利なので是非ご利用をお勧めする。




前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み