奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

日本一周の旅のホテル

  • 2009/08/04(火) 23:41:06

毎日毎日 違う宿に泊まる。

いったいどうして決めているのだろうか???
  。。。。。。。。 と 思われる方もいらっしゃるかも?

7月初めにこのバイク旅に出た当初は かなり行き当たりばったりで、走れるだけ走って疲れたらそこいらで探して妥当な宿に泊まるというスタイルを取っていた。これは数年前に東北を旅した時のスタイルであり、結構うまくいったのだが、幸か不幸かネットの発達で情報が有り余る程入ってくるので 接続がある限り牛美は連日、何時間もかけてお得な宿の検索をすることになってしまい、(やり始めると凝る性格の為)連夜3時間以上もマックとにらめっこで肩こりを感じ始めた頃、ビジネスホテルチェーンの「東横イン」と「コンフォートホテル」に出会った。

東横インは あの東急東横さんとは無関係のタケノコの様にビジネスをにょきにょき伸ばして日本全国網羅、制覇を狙っている安価のチェーンホテル。使い勝手は申し分ない。我々に必要なものが全て揃っている。
コンフォートホテルは最近強気展開中のアメリカ資本のチェーンだが、値段設定はかなり庶民的。金曜割引や当日割引もあって、これも便利な立地にあり、サービス内容は東横インとほぼ互角である。

この両者のホテルの客層が違って なかなか興味深いのであるが。。。

この2社が我々の強〜〜い味方になってくれているので、旅程がおのずとこれらのホテルからホテルへ渡り歩くような計画になった。

どちらも価格的には一泊(二人で)6千円〜7千円で朝食ビュッフェ付き。日曜祭日割引だと4千円台。

きょうび、下手な民宿に素泊まりするより、はるかに安い。
以前 ビジネスホテルと言うと、足の踏み場もないほど狭い部屋に小さいベッドがひとつで窮屈に寝泊まりしたイメージを抱く人は 申し訳ないが今や昔話である。部屋は決して広くはないが、大きなベッドと毎朝ヨガが出来るスペースが確保可能で、荷物はベッドの下に収まり、ネット接続無料、冷蔵庫と湯沸かしとシャワートイレが標準装備。コインランドリーもあり、大変便利な宿になっている。
当日キャンセルが可能なのも利点。
東横インは午後4時、コンフォートホテルは午後8時まで、同日キャンセルしてもキャンセル料が発生しない。


車の旅と バイクや自転車の旅の一番大きな違いは、車旅の場合は 目的地に着いてからが旅の始まりである事が多いが (一部の走り屋を除く)、バイクやチャリの場合は旅の醍醐味は移動そのものであり、目的地は往々にして 単に寝床である場合が多い。
我々の場合も A地点からB地点へ移動する途中が旅そのものであり、目的のB地点に着く頃は疲れ果てて今宵の宿近辺の観光すら出来ない事がほとんどである。


その他おすすめホテルとしては ルートイン、ドーミーイン(共に温泉浴場あり)、スーパーホテル、旅籠屋がある。




日本一周バイクツアー 山陰編

  • 2009/08/04(火) 23:16:59

8月4日(火) 鳥取から倉敷へ

中国山陰へ来てから進路は北南北南と地図で言うと上下上下の移動になり、かなり細かく見て回っていると言える。



途中 鴨親子の横断に一時停止。

   (道の真ん中にいるのが親子ご一行様)





鳥取を出て因幡の白ウサギで有名な白兎神社に寄る。
どんな話だったっけなぁ、と 半分以上忘れてしまっている。
ガマの穂で赤裸のウサギを包んでやるんだったっけ、ぐらいは憶えているが話の結末はウサギの恩返しだったっけ???
     (後でネットで検索します)


さて、この神社の土台には 菊の御紋のついた土台石が六つ使われている。
はっきりした事は解っていないのだそうだが、菊の御紋ということは天皇家と関わりが深かったことに違いないだろう。
由緒正しい神社なのである。



日本一周 神社仏閣を巡るお礼参りの旅である。
実生活ではあまり気にする事もないだろうが、日本の文化風土というものは宗教(神や仏)に密接に結びついていて、日常生活やら慣習やら、祭りや一年のリズムというものはこれらなしには考えられない程、とても信心深い国民なのであるなぁ、、、と再認識するわけである。 知らず知らずに、それほど沢山の鳥居と寺を我々はくぐっている。


ハワイ温泉(正確には羽合)を過ぎ、大山(だいせんと読む)をぐるりと回る込むも 雨と霧。




ゲリラ雨というのか、極地的に激しく降られて 民家の軒先で雨宿り。 → かなり大粒の雨。。。




大山神社の参道をゆっくり歩く。緑美しい長い石畳。美しい。。。

ひなびた温泉 真賀温泉で一汗ながして倉敷へ。

        


倉敷の蔵町は どうも私には映画のセットのようで イマイチ違和感を感じるのだが、それでも美しい町の一画だった。
夜と翌朝にも散歩して 十分堪能してきた。

地魚ままかりを食す。ししゃもより少し大きめの身の柔らかい小魚。
ままかりの名前の由来は 余りに美味しくてまま(マンマ=白米)を平らげてしまい、それでも足りなくて隣にまま(マンマ)を借りに行った程旨かった、ということから来ている。


倉敷の倉街一画に星野監督ミュージアムがあったので行ってみた。
ショップに売られていたカードの「星野語録」のひとことひとことがイチイチ頷けるので写真におさめてみた。拡大でご覧下され。


鳥取から倉敷まで 260km



View Larger Map


前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み