奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

走る

  • 2008/11/01(土) 19:10:02

カッパドキアへ行っている間ジョギングが出来なかったので一週間ぶりに走った。

走らない日が続くと調子が悪い身体が堅くて重いし、すぐ腹回りが緩んでくる

通常 ひとりで走りに行くときは護身用でペッパースプレーを持つのだが イスタンブールにもすっかり慣れたので手ぶら。

  飛行機のカーゴに搭載許可されているタイプのスプレー




走っているあいだ 人はセンシティブになるらしい

小さなことで力がみなぎったり 急に疲れたり、些細な事が大きく影響する。

長距離ランナー相手に 途中ネガティブな発言は禁物である。




私のようなお気楽ジョガーでさえ走っている間は涙腺がもろい。


いつものスイミングチームに再会。
もう水温は冷たいだろうに元気に泳いでいる彼等を見て涙が出る。
汗と涙がごっちゃだ。。。


すれ違うジョガーと軽く挨拶を交わす。
ほんの頷きだったり 手を挙げたり 「Hi」と声を交わしたり...それは小さな仕草だが 互いに早朝起きだし、ランニングシューズを履いて外に出て来たというそのこと自体を認め合い、今 自分が感じている走る喜びを 相手も感じているだろうと思いながら---
この仕草は長距離を行くランナー、チャリダー、ライダー特有のものなのだろう。同じ思いを心に持つ者達の挨拶。
我々は転々と各地のマラソンを渡り歩く週末ランナーにすぎないが、いつか果てしなく長い距離を走る奴豚を、チャリに荷物をくくりつけて牛美が追う日々が来るかもしれない。
先のことは まだわからない。。。



          小さな事が 心を揺らす


    時には無心に
       或いは色々な事を考えながら 走る。

           一歩、一歩


走れる ということは なんと素敵なことだろう。


前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み