奴豚 牛美の長期滞在型ジプシー生活

2007年からマラソン始めた夫「奴豚」と 妻「牛美」。テーマ:マラソンに出場しながら旅してます

羽田空港にて

  • 2013/09/19(木) 22:30:47


これは何処でしょう?

紅葉に埋めつくされる羽田の国際線ターミナルの一角なり。
夜空にはまん丸のお月さん。

出発まで まだまだ……。




Endless Summer

  • 2013/09/19(木) 00:44:31


台風18号が過ぎ去り 冴え渡る東京の空、秋の風。

爽やかな朝。すっかり涼しくなった公園。空気が澄んだお陰で陸橋からは富士山が見える。


二ヶ月の東京滞在。季節が移った。明日は十五夜。

さて、ホームベースをあとに、また行ってこよう。

我々の夏はまだ終わらない。
明日、マレーシアへ向かう。

【 行ってきます。】


What do I want ?

  • 2013/09/10(火) 21:01:32

今までやろうとすら思わなかった事。…
(いや、やろうとは思ったもののやらなかったこと。。。)

タイムを縮める為のトレーニング。スピードワークや筋力トレーニング、そして休息日。。。


ただ気持ちよく、心のままに、走りたい時に走りたいだけ(或いは走りたくないだけ)、心の赴くままに走っていればいいと思ってきた、が、、、
いつまでたっても自分に甘過ぎで何のチャレンジもなければ超えて行くものもないじゃないか。。。それでいいと思ってきたのだが、年を重ねる毎に「やるなら今しか ないだろう?」と問う自分がいる。衰えは待ってくれない、加速しながら下降線をたどる身体機能を冷静に受け止めよう。やるなら今のうちだ。。。

降って湧いたように速く走れるわけもない。
公園の外周3キロ強を15分台で走る。キロ5分。
今までは『頑張れ、自分』だったが、今は『自分に負けるな』と、歯を食いしばってスピードトレーニングをしている。

今更だが、やらずに終わるよりは、やって弾けた方が潔い。
どこまで伸ばせるか、結果よりも納得できればそれでいいんだ、それで。

縁の下の力持ち ならぬ。。。

  • 2013/09/07(土) 21:58:34



ネットでニューシューズ購入。半額以下なり。

今まで履いていたものの一年落ちモデル。カラフル〜。


新しい靴は嬉しいね、
でも履き慣らすまで時間かかるので、次のKLマラソンには無理かな。






さて、話題はニューシューズではなく、
。。。足の裏の力持ち というか、お助けくんの件。

インソールのプロの方が見たら、???と思われるかもしれないが、これ牛美にはすこぶる画期的且つお役立ちなのである。

手製インソール。素材ダンボール。

左足だけ、これを元から付いているインソールの下に入れる。
左側面を二重にしてあり、足が外側へ倒れにくく配慮してある。
ホンのちょっとのことで 快適。
フィット感もバッチリ。ちょうど良いクッション。
汚れたり濡れたら即取り替える。

難点は土砂降りには向かないこと、かな。

虫の音 秋の味覚 あぁニッポン

  • 2013/09/06(金) 20:16:33

日の出時間が日に日に遅くなっている。

大雨のあと めっきり秋めいてきた。
公園の木々の蝉たちの声は草むらのコオロギの声にかき消されている。


本日は親と小旅行に出掛けるため、早いとこ走ってしまおうと、日の出と同時に走り出したのだが、公園でスピードトレーニングをしていたら、なんのこっちゃない、前方をスタスタ歩く母を見つけて、たまには母と二人の散歩もいいかと朝練は早々に打ち切りなり。今日の分は明日に上乗せか。



そんでもって、どこへ行ったかというとーーー、



山梨の葡萄屋さんまで。


両親の恒例行事。
沢山の種類からいくつか好みを選び、親戚に贈り、自宅用にもたんまり仕入れ、帰路は親戚宅にも寄り道して 中央高速すっ飛ばしてきた、、のは父なんだが。。。 (暴走族並みの飛ばしぶりに助手席でブッタマゲタ)


葡萄屋さんの御主人に、「あなたも巨峰マラソン走るの?」といきなり聞かれ、ランニングウェアを着ていった訳でもないのに、何故そう思うの?と不思議な気持ちになる。
短パンから見える足が日に焼けてるからか?
筋肉のせいか?
そうなんだ、ワタクシ 筋肉の持ち腐れなんだ。 脹脛なんかい〜い感じに筋肉ついてるせいで、見た目だけは走れそうなんだ。。。
それをレースでちっとも使えてないじゃん、ワタシ。


それはおいといて、、、巨峰マラソンとは何ぞや?と調べてみたら 来週末開催の巨峰の丘マラソンじゃないの。
20キロと10キロがあるようだ。へーーーこれも何かの縁。問い合わせてみよう。

  • 2013/09/02(月) 10:31:20

朝練途中の路上に季節の変化を見る。。

連日連夜 ミンミンと鳴き続けたアブラゼミたち。
今は 脱け殻 より 亡き骸 の方が多い。
きみたちは、思いを遂げることが出来たのかい? 短い一生、懸命に生きたんだね。
踏まないようによけて走る朝。

KLマラソン ゼッケン交換システム

  • 2013/09/01(日) 16:00:41


札幌で 『今年の夏も終わったなぁ 』 と、 うっすら淋しさを心に忍ばせ東京に戻ったならば、、、

何なんですか?! ..... この暑さは。。。

脳天から喧嘩 売られてる感じ。 (気絶寸前で買う元気ないけど。。。)
お天道様に文句言っても仕方ない。早朝練習 再開。全身から噴き出る玉の汗が気持ち良いぞ。



せっかく暑さに身体を慣らしていることだし、クアラルンプールマラソンが9月29日に変更になったせいで、出走が不可能になった人のゼッケンを譲るシステムがあることを知り、連絡を取ってみた。


いいサービスじゃないか。公式サイトから申し込める。


現在一人に断られ(既に交換済み)、もう一人は150ドルで売るとの返事だったので断った。150ドルはボッタクリだ。引き続き他からの返事待ち。

クアラルンプールの町なかは普段はとても走れるような状況にない。堂々と車道を走れるいい機会なので是非参加したいものだ。
クアラルンプールの朝4時半は、東京よりずっと涼しいだろうと思うのだが。。。

フルがダメならハーフでもいいかな。

北海道マラソン

  • 2013/08/25(日) 18:19:32

Hokkaido Marathon, Sapporo. 8月25日(日)


綺麗に晴れ渡り青空。
天気予報を信じて「手製冷え冷えタオル」は部屋においてきたのだが、、、
このまま晴れて気温が上がったら困るなー、と少し不安の大通公園。






テレビ塔のカウントダウンは木の影になり見えなかった。

グループ毎にスタートするので、後方に並んでいた我々はスタート地点に達するまで5分40秒かかった。




参加者1万2千人。全くばらけない。初っ端から抜かして前に行こうなどとは思わないが、好タイムを狙う人は前のグループに入った方が良い。



今回、奴豚が伴走すると言うので条件付きでOKした。条件は「静かに走ること」。

隣で、遅いだの早いだの水を飲めだのイチイチ言われたくないのだ。暑さが不安で、制限時間内で完走出来るかなと一言言ったお陰でくっ付いてくることになったのだが、奴自身もくじいた足に少なからず不安があったようだ。



ススキノから豊平川を渡りぐるっと回って札幌駅方面へ。トンネル内は暑かったな。





あとは新川通りをひたすら石狩湾方面へ真っ直ぐ進む。
雲が広がり風が強くなってきた。前方に真っ黒な雲。稲妻見える。



大雨が来るぞ。望むところだ。涼しくてありがたい。降るなら思い切って降ってくれと思っていたら、雹かと思う大粒がドッシャーと来た。

我々には向かい風。濡れた靴が重いので余分な力を入れて足首が疲れないよう気にしながら水溜りを走る。

給水所の皆さんもずぶ濡れで恐縮だ。御礼しながら水やスポーツドリンクを受け取る。

濡れたランパンが腿に張り付くのでたくし上げて日焼けしてない白いもも丸出して走る。こんな状況ではスタイルだのファッションなど気にしてられん。



天然のシャワーのお陰で 爽やかな気分。
折返し地点は25キロを越えたところ。雨脚も風も弱くなって、密かに期待していた追い風の恩恵にあずかれなかった。

    


完走メダルを貰う事が今大会の目標。手首には4:45分完走用のタイムメモを巻いておいたが、30キロを過ぎたあたりでもえらく元気で身も足も心も軽い。
辛い、痛い、苦しいとはただの一度も思わなかった。走り込んだお陰だろうか、気温が低かったからだろうか、体調が良かったのだろうか、、、ともかく走りつづけることが何の苦にもならないのは初めてだ。
はじめチョロチョロ走法で、遅すぎるんじゃないの?ぐらいでスタートした方が後半楽なのだ。


5キロ毎のラップタイムは前半は平均して33分。後半になって32~31分と縮まって行った。そして益々元気になって来た。
足運びも軽く、給水も給食(ジェルやグミ)もうまく行ったようだ。

奴豚はあちらこちらに写真を撮りに行ったりトイレしたりで、しばし姿が見えなくなるが、少しすると後ろにくっついて来るのを繰り返していたが、約束通り静かに走ってくれていた。


退屈と言われる新川通りの直線道路も気にならなかったし、35キロ辺りからスピードを上げようと思っていた通りに身体が反応してくれ、北大目指して真っしぐら。先行のランナーを次々抜き北大校内に入ったらもう怖いもの無し。ここまできたらフィニッシュまで駆け抜けるのみ。

後ろにいたはずの奴豚が見当たらないが、構うことなく突っ走る。



赤煉瓦の道庁を過ぎたらゴールは目前。
大通公園に戻ってきた。それも元気いっぱいで。
なんて嬉しいマラソンだろう。





フィニッシュをくぐって時計を止める。4時間36分。
最近の情けない結果と比べると、まぁ 悪くない。




奴豚は何処かいね?? としばし待っていたら3分遅れでフィニッシュ也。
「急にいなくなってついて行けなかった」だと。。。ふっふっふっ! マラソン始めて、初めて奴豚の前にフィニッシュしたのである。伴走したから調子が狂ったんじゃないかな?ということにしておこう。




念願のフィニッシャーズメダルをかけてもらう。
欲しかったんだ、コレ。



北海道マラソンは最近まで制限時間が4時間だったそうだ。5時間にしてくれたおかげで私のような亀足ランナーも走れるようになり、ありがたい。




しかし、、、3年前の同時期 ゴールドコーストで出した自己新より12分も遅いんだ。一体あの頃はどんな走りをしていたんだろう。。。? どうしたらこの先、タイムを縮めていけるのか、はじめの一歩に戻ってきた気がする今日だった。

Sapporo Expo

  • 2013/08/23(金) 23:14:40



8月23日(金)北海道マラソン エキスポ

  札幌テレビ塔の時計は12時51分を表示している。
  10分早いエキスポの幕開け。

   混雑もなく こぢんまりとした仮設会場でゼッケンを受け取る。
   ボランティアは年配の方々が多くいい感じであった。
   



        

     (左下 ゼッケン引き換え)         (右 参加Tシャツ受け取り)
               




昨年は猛暑の中での大会だったそうで覚悟して来たのだが 思いのほか涼しく本当にありがたい。

天気予報通りの気温ならば 暑さ対策の手製冷え冷えタオルの出番はないかもしれぬ。

 楽しみながら頑張りまする。




      

  ふふふ、時計台見たあとは 「味の時計台」店にて ラーメンなり。

涼しいかも?

  • 2013/08/22(木) 01:05:17

成田空港発のエアアジアは1時間遅れの離陸。
往復で1万円を切る安値なら文句も出まい。。。。

さて、19時着の千歳。 おっ。。。。 涼しいかも。。


札幌駅に着いて宿へ向かう道すがら、、、、
「涼しい…」 第一報。
う〜〜む、涼しいかも。。今年。 ラッキー( まだわからんが)

頑張るぞー!


前へランダムサイト一覧次へ参加申し込み